四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

奈良時代には広大な寺域をほこったお寺の痕跡は国の特別史跡【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

スポンサーリンク   四国霊場各県にある「国分寺」の最後を飾るのは讃岐國の80番札所「国分寺」です。 奈良時代に広大な寺域をほこったお寺にはその痕跡が状態よく遺っており、国の特別史跡に指定されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

伝説の「八十場の霊水」湧出地の「崇徳上皇」ゆかりのお寺【79番札所「天皇寺(てんのうじ)」】

79番札所「天皇寺」を知るうえで、「八十場の霊水」と「崇徳上皇」のエピソードを外すことはできません。 「怨霊」の伝説もありますが、現在はお遍路さんを守ってくれる神様になっているはずです。   あなたにおすすめ
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

2宗共存の珍しいお寺は「厄除けうたづ大師」と親しまれる【78番札所「郷照寺(ごうしょうじ)」】

78番札所「郷照寺」は、時宗と真言宗の2宗派が共存する珍しい歴史をもつお寺です。 お大師さまが厄除け誓願をされた歴史をもち、「厄除けうたづ大師」として、長く地域に親しまれています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

たくさんの観音様が一堂に会する多度津のお寺【77番札所「道隆寺(どうりゅうじ)」】

77番札所「道隆寺」の境内には、西国・秩父・坂東の百観音など、全国各地の観音霊場として名高いお寺の御本尊が安置されています。 草創期には、相次いで高僧が住職となり、たいへん栄えた歴史があります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「智証大師円珍」生誕の地は「乃木将軍」の宿舎にも使われたお寺【76番札所「金倉寺(こんぞうじ)」】

76番札所「金倉寺」は、天台寺門宗の開祖「智証大師円珍」生誕の地といわれています。 幕末から明治期に活躍した軍人「乃木希典」が、香川県の陸軍師団に赴任した際に宿舎としても使われていたお寺です。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

佐伯家ゆかりのお大師さま誕生の地は広大な境内の総本山【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

75番札所「善通寺」は、お大師さまの出身家である佐伯家ゆかりのお寺で誕生の地でもあるといわれています。 広大な境内にはたくさんのお堂が建ち並び、重要文化財の宝庫でもありました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまが幼少期を過ごした地のお寺は日本最大灌漑用ため池「満濃池」と深き縁【74番札所「甲山寺(こうやまじ)」】

74番札所「甲山寺」は、お大師さまが幼いときによく遊んだ地に建てられたお寺だといわれています。お寺の創建には、お大師さまの治水技術と日本最大の灌漑用ため池「満濃池」が深く関わっています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまが幼少期に断崖絶壁から身を投じた伝説の「捨身ヶ嶽禅定」【73番札所「出釈迦寺(しゅっしゃかじ)」】

73番札所「出釈迦寺」には、お大師さまが幼少期に、多くの人を救いたいとの想いで断崖絶壁から身を投じた伝説が残っています。 我拝師山の「捨身ヶ嶽禅定」をのぞみ、お大師さまの修行の様子をしのびます。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四国霊場最古といわれる歴史のお寺の「不老松」と「笠松大師」【72番札所「曼荼羅寺(まんだらじ)」】

72番札所「曼荼羅寺」は、四国霊場の中ではもっとも古い推古4年(596年)創建といわれる歴史のあるお寺です。 お大師さまお手植えとされる「不老松」の在りし日の姿を「笠松大師」に重ね、参拝してください。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

540段の石段を登る霊山信仰の象徴のお寺では320年ぶりのお大師さま御開帳【71番札所「弥谷寺(いやだにじ)」】

71番札所「弥谷寺」は、標高382mの「弥谷山」の中腹に位置し、540段の石段を登ってやっと本堂にたどり着く難所寺です。 苦労してたどり着いたお寺では、320年ぶりのお大師さま御開帳という貴重な機会に巡り合えました。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top