四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

奥の院と呼ばれる古刹へ 【別格13番札所「仙龍寺(せんりゅうじ)」への遍路道】

伊予国の終盤、65番三角寺境内から続く道。かつての遍路が皆訪れていたという場所へ向かいます。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」TOPページに戻る
Continue Reading
遍路道

土佐から伊予へ。国境の峠と境界石

土佐國修行の道場 / 伊豫國菩提の道場を分ける予土国境(よどくにざかい)の名前を松尾峠(まつおとうげ)と言います。 旧来の街道・遍路道の雰囲気が残されていて、頂上にはそれぞれの領地を示す境界石が今も残ります。
Continue Reading
遍路道

43番から44番へ向かう山中、古より道行くお遍路さんを見守り続けるお大師さまのお話です

43番明石寺から44番大宝寺へは、札所間距離が遠く 第三位の75km。第一位(足摺)・第二位(室戸)の海沿いの道とは異なり、山中を進んで行きます。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top