四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国別格二十霊場

お大師さまが海難者を弔い交通安全を祈願した「二つ石大師」【別格5番札所「大善寺(だいぜんじ)」】

スポンサーリンク   別格5番札所「大善寺」は、須崎湾に突き出た岬にあった「波の二つ石」に由来するお寺です。お大師さまが海難者を弔い交通安全を祈願したお寺で、遍路道中安全祈願をしていってください。
Continue Reading
四国別格二十霊場

宇和島城と対峙する伊達家ゆかりの40番奥の院【別格6番札所「龍光院(りゅうこういん)」】

別格6番札所「龍光院」は、愛媛県西南部の宇和島市にあり、お大師さまが四国霊場開創を発願した地であると伝わっています。宇和島藩初代藩主の伊達家ゆかりのお寺でもあり、のちの他寺の合併により40番奥の院にもなっています。 &n
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまが一夜で楠に地蔵菩薩像を刻んだ霊跡【別格11番札所「生木地蔵(いききじぞう)」】

別格11番札所「生木地蔵」はお大師さまが一夜で地蔵菩薩を刻んだ伝説が残る霊跡です。お隣の「福岡八幡宮」の歴史とともに空海の足跡をたどってみてください。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまの椿の杖が病を封じたおさわり大師の霊場【別格14番札所「椿堂(つばきどう)」】

別格14番札所「椿堂」には椿の大木があり、お大師さまが地域で流行していた病を封じ込めたという伝説があります。現代においても、おさわり大師に病平癒を願う参拝者が訪れるお寺です。
Continue Reading
遍路道

四国八十八ヶ所を談義したと伝わる遍路の始まりの前の札所【1番前札所(談議所)「十輪寺(じゅうりんじ)」】

昔、関西方面から船で四国に向かうお遍路さんの多くが現在の徳島県鳴門市の撫養港で四国に上陸していました。 1番札所「霊山寺」に向かう途中に立ち寄っていた「十輪寺」は「1番前札所」と呼ばれています。
Continue Reading
遍路道

遍路の父「真念」のお墓がある源平合戦ゆかりの番外霊場【洲崎寺(すさきじ)】

84番札所「屋島寺」から85番札所「八栗寺」に向かう途中の「洲崎寺」には、「遍路の父」と呼ばれる「真念」のお墓があります。 平安時代の源平合戦とのゆかりも深いお寺で、ぜひ立ち寄っていただきたい番外霊場のひとつです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

願い事の実現度を量って下さるお地蔵さま【2番札所「極楽寺(ごくらくじ)」】

四国八十八ヶ所の旅に出られる動機に「祈願」、すなわち “願いごと” という方は多いのではないでしょうか。 遍路の旅 始まったばかりのお寺・2番極楽寺には、お遍路さんの願いの度合いを量って下さるお地
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「五重塔」を目指してたどり着いた先には国宝の「本堂」【70番札所「本山寺(もとやまじ)」】

70番札所「本山寺」には、四国霊場の中では珍しい「五重塔」があり、歩き遍路さんはそれを目印にお寺を目指します。 五重塔の下には、戦火を免れた国宝の本堂が鎮座しています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

舗装路急坂を登り切った先にはお大師さま「降伏の秘法」の伊予國最後の札所【65番札所「三角寺(さんかくじ)」】

伊予國最後の65番札所「三角寺」は平石山の中腹の標高430m地点にあり、舗装路急坂を登る難所寺です。 お大師さまが三角の護摩壇を築き「降伏の秘法」を施したとされるお寺です。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top