四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

安産の十一面観世音菩薩のお寺は納経所の開所時間に要注意【62番札所「宝寿寺(ほうじゅじ)」】

スポンサーリンク   62番札所「宝寿寺」はお大師さまが十一面観世音菩薩を彫像し霊場とし、国司の安産祈願をしたといわれるお寺です。 他の札所と納経の開所時間が異なりますので、特に歩き遍路さんは注意してください。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

仙人が忽然と姿を消した伝説のお寺にはお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」あり【58番札所「仙遊寺(せんゆうじ)」】

58番札所「仙遊寺」は、40年ほど寺に籠った仙人が忽然と姿を消した伝説が寺名の由来になっています。 歩き遍路にありがたいお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き宿坊があり、通夜堂でのうれしいお接待もあるようです。 &nbs
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お堂と近代建築の融合の立役者は若き住職と建築家のお兄さん【57番札所「栄福寺(えいふくじ)」】

57番札所「栄福寺」では、歴史を感じるお堂と、寺務所やトイレの近代建築が共存する珍しいお寺です。 このような新しい取り組みをされているのは、若くして住職に就任した白川密成住職と建築家である住職のお兄さんでした。
Continue Reading
遍路道

開創1200年記念で「中門再建完了」と「御本尊御開帳」は見逃せない【高野山「壇上伽藍(だんじょうがらん)」】

高野山の信仰の中心として「奥の院」と並んで参拝者が多いのが「壇上伽藍」です。 開創1200年記念で、「中門」の再建が完了したことと、御本尊「薬師如来」の歴史上初の御開帳は見逃せません。
Continue Reading
遍路道

襖絵の一大美術館の中で、日本最大級石庭「蟠龍庭」と生活感のある「台所」が見もの【金剛峰寺(こんごうぶじ)】

高野山金剛峰寺の主殿は、たくさんの広間があり、見事な襖絵の数々を見学することができます。わたし的なオススメスポットは、主殿から眺める日本最大級の石庭「蟠龍庭」と、立派な建物の中にいきなり生活感を感じる「台所」です。
Continue Reading
遍路宿

心遣いがうれしい宿坊で精進料理に舌鼓を打つ【高野山「成福院(じょうふくいん)」】

高野山の宿泊はもちろん「宿坊」でということで、「高野山宿坊協会」に紹介していただいた「成福院」に泊まりました。お世話をしてくれる僧侶の皆さんの心遣いがうれしく、期待していた精進料理も満足できました。
Continue Reading
遍路道

「町石道」の入口は「女人高野」と呼ばれる名刹で弥勒菩薩御開帳【慈尊院(じそんいん)】

高野山への表参道「町石道」の入口は女人高野と呼ばれる名刹「慈尊院」です。 高野山開創1200年記念期間は御本尊「弥勒菩薩」が御開帳で、町石道歩行の安全を祈願しました。
Continue Reading
遍路宿

空海と行基の「鯖伝説」が残る「鯖大師」で野宿【別格4番札所「八坂山八坂寺(鯖大師本坊)」】

23番札所薬王寺を出発し、いよいよ室戸岬への長距離歩行をスタートしていきます。長い道のりの1泊目は、空海と行基の鯖伝説が残る「鯖大師」で野宿させていただきました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

厄坂の1円玉を不思議に感じつつ…坂の上の「瑜祇塔」を見上げる【23番札所「薬王寺(やくおうじ)」】

23番札所「薬王寺」では、本堂に上がっていく石段になぜか一円玉を落としていく人達がいました。 海岸沿いの遍路道の遠くから見えていた「瑜祇塔」を見上げれば、阿波の國「発心の道場」を打ち終え、歩き遍路の第一段階クリアです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「弘法の霊水」で癒されたい…が…ハードな道でへろへろ【22番札所「平等寺(びょうどうじ)」】

22番札所「平等寺」は、「白水の井戸」の「弘法の霊水」で有名なお寺です。厄除け坂上の本堂からの景色を楽しみたかったのですが、私は雨に打たれてそれどころではありませんでした。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top