四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路B級グルメ

羽根名物「お倉饅頭」と地元老舗ベーカリーの素朴なパン【道の駅「キラメッセ室戸」】

スポンサーリンク   26番札所「金剛頂寺」の山から下ってすぐの海岸に「道の駅 キラメッセ室戸」があります。室戸の地場産品が豊富に揃い、地元名物の「お倉饅頭」と、老舗ベーカリーの素朴なパンを、一カ所で手軽にいた
Continue Reading
遍路B級グルメ

室戸を代表する魚「金目鯛」を煮つけでいただく【海の駅「とろむ」内「ぢばうま八」】

高知県といえば「かつおのたたき」が有名ですが、室戸を代表する魚といえば「金目鯛」なのです。深海に棲む高級魚を、海の駅「とろむ」で手軽にいただくことができました。   あなたにおすすめ    四国遍路情
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

通称「東寺(ひがしでら)」はまさかの山の上【24番札所「最御崎寺(ほつみさきじ)」】

ようやく24番札所「最御崎寺」に到着したと思ったら、お寺はまさかの山の上。海岸平地に慣れ、しかもアスファルトでダメージを受けた足で登るにはきつすぎでしたが、その分、山上から見下ろす岬は絶景でした。
Continue Reading
遍路道

「空海」と名乗るきっかけになった室戸岬の修行の地【御厨人窟(みくろど)】

室戸岬は「空海」が青年期に修行をした地としても有名で、「空海」と名乗るきっかけにもなった「御厨人窟」があります。岬の先の方に見える巨大な「青年大師像」など、立ち寄りスポットがたくさんありますので、ゆっくり散策してから「最
Continue Reading
遍路宿

高知県に入って初めての宿泊は元大関「朝潮」の故郷にて【佐喜浜港「大師堂」】

東洋町で高知県に入りましたが、室戸岬への果てしない歩行はまだまだ続きます。室戸市内に入り、高知県での初めての宿泊は、有名な大相撲力士である元大関「朝潮」の故郷である「佐喜浜港」の一人用「大師堂」に宿泊させていただきました
Continue Reading
遍路道

昔の難所「野根」で休憩のあとは、「猿との遭遇Part2」の要注意区間【高知県東洋町国道55号】

阿波の國に別れを告げ、ひたすら続く海沿いの国道55号で、土佐の國に入っていきます。県境のまち「東洋町」には、猿との遭遇あり、歩きにくい危険箇所あり、それ以外にもネタ満載の要注意区間でした。
Continue Reading
遍路道

スポーツ偉人アピール好きの「海陽町」の「宍喰温泉」でひと休み【「道の駅 宍喰温泉」「ホテルリビエラししくい」】

室戸岬への長距離歩行2日目は、徳島県最後のまち「海陽町」に注目です。このまちはスポーツの偉人を多く輩出していて、それをアピールするのがお好きなようです。ぴりっつるっの「宍喰温泉」でひと休みして行きましょう。
Continue Reading
遍路宿

空海と行基の「鯖伝説」が残る「鯖大師」で野宿【別格4番札所「八坂山八坂寺(鯖大師本坊)」】

23番札所「薬王寺」を出発し、いよいよ室戸岬への長距離歩行をスタートしていきます。長い道のりの1泊目は、空海と行基の「鯖伝説」が残る「鯖大師」で野宿させていただきました。
Continue Reading
遍路道

海岸ルートで「大浜海岸」「厄除橋」から「薬王寺」を眺める【22番札所「平等寺」→23番札所「薬王寺」】

22番札所「平等寺」から23番札所「薬王寺」へは、国道旧55号の峠越えと、県道25号の海岸道の2ルートがありますが、私は海岸ルートを選択し、「大浜海岸」と「厄除橋」からの「薬王寺」の眺めを楽しみながら進みました。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top