四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

通行止めが続く歯長峠遍路道の現況[峠上部の遍路道]【42番札所「仏木寺」→43番札所「明石寺」】

スポンサーリンク   「苦しいのは最初だけ」「峠まで20分」の立札と、急登で有名な歯長峠遍路道。こちらも通行止めが周知されてから長い年月が経っています。調査歩行に参加して峠上部の現状を把握することにします。
Continue Reading
遍路道

通行止めが続く歯長峠遍路道の現況[峠下部の遍路道]【42番札所「仏木寺」→43番札所「明石寺」】

第42番仏木寺から第43番明石寺へは標高480mの歯長峠が待ち受けます。しかしながら峠道は台風や集中豪雨によって数年前から通行止めになっています。今回遍路道の調査に同行させてもらい、現状を見てきました。   あ
Continue Reading
遍路道

雲辺寺ロープウェイから見ることができる景色【66番札所「雲辺寺」への遍路道】

四国霊場最高所、標高911mに位置する第66番雲辺寺(うんぺんじ)。その標高からかつては四国遍路有数の難所として知られていましたが、現在はロープウェイが開通しており、それに乗車して見ることができる景色のお話です。
Continue Reading
遍路道

入野海岸の建物のない美術館【高知県黒潮町「砂浜美術館」】

高知県南西部の遍路ルート上に「砂浜美術館」という建物のない美術館があります。入野海岸の4キロにわたる長い砂浜を美術館として見立てている場所で、サーフィンの有名なポイントでもあります。
Continue Reading
遍路道

遠い昔の日丁友好のお話【海陽町浅川】

第23番薬王寺を過ぎ、山がちだった阿波遍路道は、次第に海沿いを歩く道へと景色が移ります。 荒々しい太平洋が広がるこの場所でかつて発生した海難事故によって命を落とした人物は、現在多くの四国遍路が訪れる、ある国の方でした。
Continue Reading
遍路道

四国有数の遍路ころがし道中にある中務茂兵衛建立の大師像【愛南町柏坂】

四国遍路の長大遍路道の中で二番目に長い柏坂道中に、中務茂兵衛建立の標石、じゃなくて大師像があります。方角や距離等を示す従来の標石ではなく、大師像という点では初めて見たものでした。
Continue Reading
遍路道

奈半利の歴史的建物でアート体験【なはり古民家Art&Live2019】

27番札所神峯寺の東約10キロの遍路道に位置する奈半利町には、近代産業の発展期に建てられたたくさんの歴史的建造物が残っています。これらの建物を舞台にした、あるアートイベントに出会いました。
Continue Reading
遍路道

室戸の古式捕鯨の歴史を伝える「鯨位牌」のお寺【中道寺】

空海悟りの地であり室戸三山と称する3カ寺を抱える高知県の室戸には、捕鯨で栄えた歴史があります。そんな鯨漁の歴史を今に伝えるお寺が室戸の旧市街地にありました。鯨漁の組頭が建立し、鯨の位牌を祀る「中道寺」です。
Continue Reading
遍路道

海難事故にあった船乗りたちの霊を弔う【水掛地蔵[室戸市]】

24番札所最御崎寺のすぐ近く、国道55号線沿いの一角に多くのお地蔵さんが祀られている場所があります。ここは「水掛地蔵堂」といって、海難事故で亡くなった人たちの弔いの場として室戸の人々に大切にされている場所です。
Continue Reading
遍路道

廃校を活用した室戸の新観光スポット【むろと廃校水族館】

24番札所最御崎寺から10キロほど手前の遍路道沿いに、廃校になった小学校を改修した「むろと廃校水族館」があります。教室やプールで魚たちが自由に泳ぐ姿に、ひとときの癒しを感じるスポットです。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top