四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

古岩屋の甌穴内一木造り「不動明王」を拝んだあと「千本峠」で迷い道【45番札所「岩屋寺」→久万高原町中心街】

スポンサーリンク   45番札所「岩屋寺」参拝後の遍路道でも、昔の修行場の名残を残す甌穴があり、一木造りの見事な「不動明王」を拝むことができます。 久万高原町中心街に戻るために進んだ「千本峠」ではまさかの迷い道
Continue Reading
遍路道

「大寳寺」裏山を通ったあとは峻険な修行道「八丁坂」を登る【44番札所「大寳寺」→45番札所「岩屋寺」】

44番札所「大寳寺」から45番札所「岩屋寺」に向かうルートは、久万高原の山あいを進む自然満喫ルート。山岳修行の「岩屋寺」には、峻険な修行道「八丁坂」を登って山の尾根をつたっていきます。   あなたにおすすめ &
Continue Reading
遍路道

雪化粧の「鴇田(ひわた)峠」は厳しくも楽しい道のり【内子町→久万高原町】

内子町から44番札所「大寳寺」に向かう際に越えた「鴇田峠」は、積雪が残るハードな道のりで、私が遍路道中で唯一の転倒を経験した場所です。 厳しい遍路道ではありましたが、雪化粧の変化に富んだ道は楽しい道のりでもありました。
Continue Reading
遍路道

江戸時代の街並みと峠の「南予」には「丸型ポスト」がよく似合う【遍路道「丸型ポスト」まとめ(愛媛県南予エリア編)】

愛媛県南部の「南予」地方は、峠越えが続く難所ですが、江戸時代に栄えた歴史ある街に古い建造物が残り、風情を感じる道のりです。 南予の歴史ある街並みによく似合う「丸型ポスト」の数々をまとめてみました。
Continue Reading
遍路道

ハゼを原料に木蝋と和紙の生産で財をなした重要伝統的建造物群保存地区【内子町八日市護国】

愛媛県内子町は、江戸時代にハゼの木・実を原料にした木蝋と和紙の生産で財をなし、当時の豪華な商家や民家が残る「八日市護国地区」があり、重要伝統的建造物保存地区に指定されています。遍路道中のしばしの観光を楽しめる地域です。
Continue Reading
遍路道

「肱川(ひじかわ)」の流域の盆地に広がる「伊予の小京都」を歩く【愛媛県大洲市(おおずし)】

愛媛県大洲市の中心部は、大洲城の城下町として発展し、古い街並みが残る「伊予の小京都」と呼ばれています。四国遍路においては通過エリアですが、街並みや川の風景を楽しんで進みたいものです。
Continue Reading
遍路道

宇和街道の難所「鳥坂峠」は遍路道でもっとも危険な「鳥坂トンネル」を通る【西予市→大洲市】

西予市から大洲市へは「鳥坂峠」を越えますが、旧遍路道の峠道を選択せずに通った「鳥坂トンネル」は遍路道でもっとも危険なトンネルでした。 遠回りにはなりますが、峠道旧遍路道を時間に余裕をもって進むことをおすすめします。
Continue Reading
遍路道

「明石寺」近くは四国西部の要所で重要伝統的建造物群保存地区【宇和町卯之町(うわちょううのまち)】

43番札所「明石寺」がある宇和町は、江戸時代に四国西部の要所として賑わった地域です。 その中心地「卯之町」には当時の町家が多く残り、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
Continue Reading
遍路道

通行止めの「歯長峠」を迂回して「道の駅どんぶり館」でひと休み【42番札所「仏木寺」→43番札所「明石寺」】

42番札所「仏木寺」から43番札所「明石寺」へは標高480mの歯長峠を越えますが、旧道は通行止めだったため歯長トンネルで迂回しました。 峠越えの後の休憩スポットは「道の駅どんぶり館」です。
Continue Reading
遍路道

三間町への地味に辛い登りのあとは旧遍路道で「道の駅みま」へ【宇和島市街→41番札所「龍光寺」】

宇和島市街から41番札所「龍光寺」がある三間町へは、山の中に入っていく地味に辛い登り坂が続きます。途中の「遍路小屋宇和島光満」にあった地図でおすすめされた旧遍路道を抜ければ、そこは「道の駅みま」でした。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top