四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国別格二十霊場

伊予國の有力者の尊崇を得てきた千手千眼観世音菩薩の古刹【別格10番札所「西山興隆寺(にしやまこうりゅうじ)」】

スポンサーリンク   別格10番札所「西山興隆寺」は、各時代において地元の有力者からの尊崇を得てきた古刹です。 多くの文化財を有し、山深くの自然に溶け込んだ境内を景色もすばらしく、多くの参拝者が訪れるお寺です。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまが一夜で楠に地蔵菩薩像を刻んだ霊跡【別格11番札所「生木地蔵(いききじぞう)」】

別格11番札所「生木地蔵」はお大師さまが一夜で地蔵菩薩を刻んだ伝説が残る霊跡です。 お隣の「福岡八幡宮」の歴史とともに空海の足跡をたどってみてください。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまお手植えのいざり松にて千枚通し霊符で病快復【別格12番札所「延命寺(えんめいじ)」】

別格12番札所「延命寺」はお大師さまお手植え伝説のいざり松が有名なお寺です。 空海ゆかりの千枚通し霊符は、病気平癒・安産のご利益があるとして、現代にも受け継がれています。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまの椿の杖が病を封じたおさわり大師の霊場【別格14番札所「椿堂(つばきどう)」】

別格14番札所「椿堂」には椿の大木があり、お大師さまが地域で流行していた病を封じ込めたという伝説があります。 現代においても、おさわり大師に病平癒を願う参拝者が訪れるお寺です。
Continue Reading
四国別格二十霊場

江戸時代の姿を現代に伝える萩が有名な古刹【別格16番札所「萩原寺(はぎわらじ)」】

別格16番札所「萩原寺」は、寺号にもある萩の名所で約2,000株植えられている萩が9月に咲き乱れることで有名です。 かつては寺勢隆盛を極め、国の重要文化財にも指定されている江戸時代の建築物が多く残るお寺です。
Continue Reading
遍路道

四国八十八ヶ所を談義したと伝わる遍路の始まりの前の札所【1番前札所(談議所)「十輪寺(じゅうりんじ)」】

昔、関西方面から船で四国に向かうお遍路さんの多くが現在の徳島県鳴門市の撫養港で四国に上陸していました。 1番札所「霊山寺」に向かう途中に立ち寄っていた「十輪寺」は「1番前札所」と呼ばれています。
Continue Reading
四国別格二十霊場

勝賀山から移ってこられた毘沙門天立像は国の重要文化財【別格19番札所「香西寺(こうざいじ)」】

香川県高松市の西部にある別格19番札所「香西寺」は、鎌倉時代の当地の豪族である香西氏ゆかりのお寺です。 平安時代に刻まれたと伝えられる毘沙門天立像は国の重要文化財に指定されています。
Continue Reading
遍路道

「日本廻国六十六体尊」がまつられる飛鳥時代創建の歴史あるお寺【86番札所志度寺奥の院「地蔵寺(じぞうじ)」】

86番札所「志度寺」に向かう遍路道途中に、志度寺奥の院の「地蔵寺」があります。 志度寺と同じく飛鳥時代創建といわれる歴史あるお寺の目印は「柏竜」で、「日本廻国六十六体尊」は貴重な文化財です。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

願い事の実現度を量って下さるお地蔵さま【2番札所「極楽寺(ごくらくじ)」】

四国八十八ヶ所の旅に出られる動機に「祈願」、すなわち “願いごと” という方は多いのではないでしょうか。 遍路の旅 始まったばかりのお寺・2番極楽寺には、お遍路さんの願いの度合いを量って下さるお地
Continue Reading
遍路道

昔の遍路文化の名残が色濃く残る結願への道【87番札所「長尾寺」→「前山ダム」】

87番札所「長尾寺」から88番札所「大窪寺」へ向かう中継地点である「前山ダム」までの旧遍路道には、昔の遍路文化の名残を感じる史跡がたくさんあります。歩き遍路さんの足跡をたどりながら結願を目指します。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top