四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路豆知識

民間人で一番最初に四国遍路を行った人物【衛門三郎(えもんさぶろう)】

三坂峠を下り松山市へ下りてきたところ、第46番浄瑠璃寺から続く八十八ヶ所の札所密集地域の間に位置する番外霊場・文殊院。 民間人で一番始めに四国遍路を回ったとされる「衛門三郎」の旧家と伝わります。
Continue Reading
遍路豆知識

ラジオ遍路・88の音巡り<3月5日放送分> 出演しました

四国四県のラジオ局が持ち回りで制作している 「ラジオ遍路 88の音巡り」に出演させていただきました。ゲストハウスを訪れる旅人に、先達として四国遍路に関してご案内していることをお話しさせていただきました。
Continue Reading
遍路豆知識

全国の社寺に広く寄進を行った人物のおはなし【伊藤萬蔵(いとうまんぞう)】

江戸時代以降、遍路石を寄進するなど巡拝の普及に努めた方はたくさんいらっしゃいますが、各地の寺社でこの方の名前はよく見ることができます。
Continue Reading
遍路豆知識

お寺でよく見られる木に日常用いる物の語源があった【多羅葉樹(たらようじゅ)の役割】

紙が貴重だった時代、人々は何を用いて文章の交換を行っていたのでしょうか。そのアイテムの一つとして、ある植物の葉があります。
Continue Reading
遍路豆知識

お遍路さん向けの施設が充実している四国の空の玄関【高松空港】

空前の逆打ちブームが起こった丙申の閏年2016年は、香川県の88番札所からお遍路を始める人の空の玄関として大活躍だったのが高松空港です。 高松空港は実はお遍路さん向けの施設が充実したお遍路さんにやさしい空港なのです。
Continue Reading
遍路豆知識

遍路の父と呼ばれる「真念」ゆかりのへんろ石

昔昔の四国八十八ヶ所はルールが定まっていない、道が険しい、地図が無い等、一般人が到底回れるようなものではなく、修行僧など 限られた人たちしか回ることができませんでした。江戸時代中期、それを可能にした人物がいます。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top