四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

明治期建設の国登録有形文化財の数々に重厚な歴史を感じる【43番札所「明石寺(めいせきじ)」】

スポンサーリンク   43番札所「明石寺」の多くのお堂は明治に建築されたものが残っており、国の登録有形文化財に指定されているものが多数あります。 建築物の数々に重厚な歴史を感じるお寺でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

12万平米の大境内に広がる見事な石庭は補陀落への入口【38番札所「金剛福寺(こんごうふくじ)」】

足摺岬にある38番札所「金剛福寺」は、境内が12万平米もある大道場で、四国霊場屈指の石庭が広がっています。 そして、はるか南方にあるとされる観音浄土「補陀落」に渡海する入口でもあったのです。   あなたにおすす
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

紀貫之も滞在した土佐の国府でお大師さまとご縁を結ぶ【29番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

奈良時代に聖武天皇の勅願で創建された「国分寺」の周辺は、中世まで土佐の國の中心「国府」でした。 「土佐日記」で有名な「紀貫之」も滞在したことのある地で、開創1200年記念で特別にお大師さまと御手綱でご縁を結びました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

遍路中のぐっすり睡眠を祈願の「夜泣き地蔵」【16番札所「観音寺(かんおんじ)」】

15番札所「国分寺」を出発すると、すぐに大きな国道192号に出て、いよいよ徳島市の街中に入ってきた実感が湧いてきます。 16番札所「観音寺」では、「夜泣き地蔵」に遍路中にぐっすり眠れるように祈願していきましょう。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

がんばって追加111段で「大塔」からの景色を堪能【10番札所「切幡寺(きりはたじ)」】

10番札所「切幡寺」は、切幡山中腹の標高155mに一気に登る坂道と333段の石階段が有名です。 本堂・大師堂にたどりつくだけでもくたびれますが、追加の111段を登って、「大塔」を拝み、山からの景色をぜひ堪能していただきた
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

なんといっても四国霊場最大級の仁王門【8番札所「熊谷寺(くまだにじ)」】

8番札所「熊谷寺」の見どころは、なんといっても「仁王門」でしょう。 なのですが、私は道を間違ってしまったのか、お寺に向かうときはくぐらず通過してしまい、9番札所「法輪寺」に向かうときに気づくという失態をおかしましたので、
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top