四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国別格二十霊場

お大師さま雪中修行の山岳霊場「でいしさん」【別格7番札所「金山出石寺(きんざんしゅっせきじ)」】

スポンサーリンク   別格7番札所「金山出石寺」は、空海が冬期に雪中修行をしたと伝わる山岳霊場です。 空海秘仏密閉の護摩供の「護摩ヶ岩」や境内から見下ろす絶景など自然環境とお寺が一体化しているのが見どころです。
Continue Reading
四国別格二十霊場

伊予國の有力者の尊崇を得てきた千手千眼観世音菩薩の古刹【別格10番札所「西山興隆寺(にしやまこうりゅうじ)」】

別格10番札所「西山興隆寺」は、各時代において地元の有力者からの尊崇を得てきた古刹です。 多くの文化財を有し、山深くの自然に溶け込んだ境内を景色もすばらしく、多くの参拝者が訪れるお寺です。   あなたにおすすめ
Continue Reading
四国別格二十霊場

江戸時代の姿を現代に伝える萩が有名な古刹【別格16番札所「萩原寺(はぎわらじ)」】

別格16番札所「萩原寺」は、寺号にもある萩の名所で約2,000株植えられている萩が9月に咲き乱れることで有名です。 かつては寺勢隆盛を極め、国の重要文化財にも指定されている江戸時代の建築物が多く残るお寺です。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

源平合戦の舞台には四国の狸の総大将「太三郎狸」あり【84番札所「屋島寺(やしまじ)」】

台形の山「屋島」の山頂付近にある84番札所「屋島寺」は、源平合戦の舞台にもなったことで有名なお寺です。 四国の狸の総大将「太三郎狸」の数々の伝説とともに「蓑山大明神」も参拝してください。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

密教修行の山寺には人間を食べる恐ろしい怪獣「牛鬼」の伝説あり【82番札所「根香寺(ねごろじ)」】

82番札所「根香寺」は、五色台の「青峰」の山中にあるかつての密教修行のお寺。 山中には人間を食べる恐ろしい怪獣「牛鬼」がいたという伝説も残っています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「崇徳上皇」慰霊のための「勅額」と「石造十三重塔」は重要文化財【81番札所「白峯寺(しろみねじ)」】

81番札所「白峯寺」は、讃岐に配流になった「崇徳上皇」の陵墓が築かれた地にあるお寺です。 上皇の慰霊のためのものが多く残っており、「勅額」と「石造十三重塔」は国の重要文化財に指定されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

奈良時代には広大な寺域をほこったお寺の痕跡は国の特別史跡【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

四国霊場各県にある「国分寺」の最後を飾るのは讃岐國の80番札所「国分寺」です。 奈良時代に広大な寺域をほこったお寺にはその痕跡が状態よく遺っており、国の特別史跡に指定されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

540段の石段を登る霊山信仰の象徴のお寺では320年ぶりのお大師さま御開帳【71番札所「弥谷寺(いやだにじ)」】

71番札所「弥谷寺」は、標高382mの「弥谷山」の中腹に位置し、540段の石段を登ってやっと「本堂」にたどり着く難所寺です。 苦労してたどり着いたお寺では、320年ぶりのお大師さま御開帳という貴重な機会に巡り合えました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

讃岐の関所寺は「五百羅漢」「おたのみなす」「大師乳銀杏」に「スノーパーク」まで見どころ満載【66番札所「雲辺寺(うんぺんじ)」】

讃岐國最初の66番札所「雲辺寺」は、四国霊場最高峰にして関所寺でもあります。 雲辺寺山の山頂には、「五百羅漢」「おたのみなす」「大師乳銀杏」「スノーパーク」といろいろな見どころがありました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

仙人が忽然と姿を消した伝説のお寺にはお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」あり【58番札所「仙遊寺(せんゆうじ)」】

58番札所「仙遊寺」は、40年ほど寺に籠った仙人が忽然と姿を消した伝説が寺名の由来になっています。 歩き遍路にありがたいお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」があり、「通夜堂」でのうれしいお接待もあるようです。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top