四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

札所密集地の五差路の脇に立つ中務茂兵衛標石【72番札所「曼荼羅寺」と73番札所「出釈迦寺」の分岐点】

スポンサーリンク   山号に同じ「我拝師山(がはいしざん)」を冠する第72・73番札所。その分かれ道の脇、びわ畑が広がる前に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

大師修行の霊山・捨身ヶ岳を臨む位置に立つ標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

幼少時代の弘法大師ゆかりの霊場であり、捨身ヶ岳禅定(しゃしんがたけぜんじょう)が行われた我拝師山(がはいしざん/481m)。その山を臨む池のほとりに中務茂兵衛標石が残されています。   あなたにおすすめ &nb
Continue Reading
遍路道

札所が一つ飛ばしで記されている中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

弘法大師幼少の遺跡(ゆいせき)が伝わる善通寺市周辺。72番札所から先、札所が連続するエリアの入口となる地点、五岳山(ごがくさん)を臨む池のほとりに中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

善通寺市街への入口に立つ中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

お大師さまの故郷である善通寺の街への入口に中務茂兵衛標石が残されています。場所柄か、かつて四国に上陸する人々で賑わった周辺の港町の情報が記載されています。
Continue Reading
遍路道

極小の標石。僅かな手掛かりから記載内容を紐解く【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

第71番弥谷寺を出て鳥坂峠を越えて国道11号と合流。こちら「三井の江」交差点の三叉路を曲がると善通寺市に点在する札所群が始まります。その交差点脇に隠されるように小さな中務茂兵衛標石が顔を出しています。
Continue Reading
遍路道

水上ゴルフ練習場の角に傾いて立つ標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

中務茂兵衛標石の密集地帯の一つ・善通寺市。順打ちではその入口となる場所にあったであろう標石が、少し辺鄙な場所に残されています。
Continue Reading
遍路道

繊維産業の街の寄進者らによる中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

讃岐の遍路ころがしの一つである第71番弥谷寺から下山して、里に出て来た地点。細い路地の路傍に高地蔵と共に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

前山ダムのほとりの明治最後の年に建てられた中務茂兵衛標石【87番札所「長尾寺」→88番札所「大窪寺」】

第88番大窪寺前後に残されている中務茂兵衛標石はキャリア後期のものを多く見ることができますが、こちらに残されている石も242度。巡拝回数から明治の終わりに建てられた標石であることがわかります。
Continue Reading
遍路道

忘れられた遍路道沿いの当地の独自情報を知らせる中務茂兵衛標石【40番札所「観自在寺」→41番札所「龍光寺」】

第40番観自在寺を出発すると多くの地図では国道56号を経由で示されていますが、こちらは一本中へ入った道。そこに中務茂兵衛標石が設置されているあたり、ここがかつての遍路道だったのではないでしょうか。
Continue Reading
遍路道

情報量に保存状態、いずれも全標石中随一を誇る標石【40番札所「観自在寺」→41番札所「龍光寺」】

四国遍路三大遍路ころがしの一つ・柏坂への登り口。集落の中心に残されている中務茂兵衛標石は良質の石材に独自情報に添句ありと、全標石の中でも特別高規格なものとなっています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top