四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

遠く離れた奥の院仙龍寺の情報が刻まれた標石【3番札所「金泉寺」近く】

スポンサーリンク   第3番金泉寺を出てすぐの地点にある中務茂兵衛の標石。かなり遠方にある目的地を示していることがたいへん興味深いです。
Continue Reading
遍路道

讃岐男に阿波女。実は國境近くに立つ標石【3番札所「金泉寺」門前】

第1番霊山寺から四国遍路を始めて、無理なく到達することができる第3番金泉寺。始めたばかりでは、一番・二番・三番・四番と、それぞれがそう遠くはない寺といった感じですが、3番札所に関しては、ある分岐点でもあります。 &nbs
Continue Reading
遍路道

高知城近くにある標石から読み取る当時の四国遍路界【30番札所「善楽寺」→30番札所奥の院「安楽寺」】

高知城の登り口近くに茂兵衛さんの標石が残されています。 高知市中心部には八十八ヶ所の本札所が無いため、一般的には市街地中心部が巡礼ルート(遍路道)にはなっていませんが、明治以降、そうではなかった時期があります。
Continue Reading
遍路道

建立に関わった人々の役割が記された標石【19番札所「立江寺」近く】

徳島県の第19番立江寺間近の三叉路に中務茂兵衛標石が残されています。この標石には、建立に関わった人々のいくつかの役割が記されています。
Continue Reading
遍路道

18番・19番の中間で見られる宮崎県由来の標石【18番札所「恩山寺」→19番札所「立江寺」】

徳島県の第18番恩山寺の辺りは、源義経の軍勢が四国上陸とした地。その一行らが通った道の近くに中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

標石から見る兵庫と神戸の違い【18番札所「恩山寺」近く】

徳島県の県道136号から第18番恩山寺へ分岐する地点に、中務茂兵衛の標石が残されています。 この標石は現在の神戸市とゆかりが深く、多くの女性の名前が記されている珍しいものです。
Continue Reading
遍路道

徳島市五ヶ所参り道中にたつ標石【13番札所「大日寺」→14番札所「常楽寺」】

第13番大日寺から第14番常楽寺に向かう遍路道は鮎喰川を渡ります。川に沿う旧来の遍路道に昔ながらの標石を見つけることができます。
Continue Reading
遍路道

遍路ころがしで道順を知らせる中務茂兵衛標石【11番札所「藤井寺」→12番札所「焼山寺」】

第11番藤井寺から第12番焼山寺への遍路道は全長が12kmと長い山道で、「四国遍路最大の遍路ころがし」 と呼ばれています。 そんな山中の分かれ又に、中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

最も標高が高い場所にたつ中務茂兵衛標石【66番札所「雲辺寺」境内】

第66番雲辺寺の境内に、中務茂兵衛標石が残されています。 雲辺寺自体が四国霊場最高所であり、遍路道には1,000m級の峠越えは存在しないので、この標石は数ある茂兵衛さんの標石の中で、最高所にあるものと考えられます。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top