四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

本堂改修で仮安置中の「火伏せ不動尊」のかたわらに「お遍路バリィさん」【54番札所「延命寺(えんめいじ)」】

スポンサーリンク   今治市最初の54番札所「延命寺」では、本堂改修中で御本尊「火伏せ不動尊」が仮安置されているお堂に珍しい参拝をしました。 そのかたわらでは、今治市の有名ご当地キャラ「バリィさん」がお遍路をし
Continue Reading
遍路道

四国遍路の元祖「衛門三郎」の「邸宅跡」と「納札発祥の地」【別格9番札所「文殊院」・「札始大師堂」】

「浄瑠璃寺」「八坂寺」からほど近い松山市荏原集落は、四国遍路の元祖「衛門三郎」の出身地といわれています。 衛門三郎の邸宅跡に創建されたとされる「文殊院」と衛門三郎が初めて札を納めたとされる「札始大師堂」に立ち寄りました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

極楽・地獄の閻魔の裁きと火渡り修行の「いやさか不動尊」に仏道の厳しさを知る【47番札所「八坂寺(やさかじ)」】

47番札所「八坂寺」では、極楽と地獄の様子が描かれた絵を見ながら閻魔の裁きを受ける「閻魔堂」と、1年に1回火渡り修行が行われる「いやさか不動尊」に、仏道の厳しさを感じました。
Continue Reading
遍路道

古岩屋の甌穴内一木造り「不動明王」を拝んだあと「千本峠」で迷い道【45番札所「岩屋寺」→久万高原町中心街】

45番札所「岩屋寺」参拝後の遍路道でも、昔の修行場の名残を残す甌穴があり、一木造りの見事な「不動明王」を拝むことができます。 久万高原町中心街に戻るために進んだ「千本峠」ではまさかの迷い道のトラブル発生でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

山岳修行の霊地の岩山にひたすら圧倒され続ける【45番札所「岩屋寺(いわやじ)」】

45番札所「岩屋寺」は、岩山全体を霊地とし、お大師さまの時代より山岳修行の場として、多くの修行僧の信仰を集めてきたお寺です。 岩山がそびえる中の数々の修行場にひたすら圧倒され続けました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

山門が鳥居で神仏習合の歴史を色濃く残す「三間のお稲荷さん」【41番札所「龍光寺(りゅうこうじ)」】

宇和島市三間町にある41番札所「龍光寺」に到着して、第一印象で違和感を感じたのが「鳥居」をくぐってお寺に入ること。 このお寺は、神仏習合の歴史を色濃く残し、「三間のお稲荷さん」として親しまれる穀倉地帯の守り神なのです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

本堂は5仏御本尊と天井画、大師堂の矢負地蔵は開創1200年御開帳【37番札所「岩本寺(いわもとじ)」】

37番札所「岩本寺」は、四国霊場で唯一5仏御本尊と、本堂の多種多様な天井画で有名なお寺です。 約200年前に建造された大師堂は奥の院も兼ねており、普段は大師堂内安置の「矢負地蔵」が開創1200年記念特別御開帳中でした。
Continue Reading
遍路道

浦ノ内湾の本当の遍路道は巡航船で海の上【36番札所「青龍寺」→須崎市街】

36番札所「青龍寺」から須崎市街へは複数ルートからの選択になります。 空海の時代から残るといわれる本当の遍路道は、実は巡航船で海の上を進むルートだったのです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

元横綱「朝青龍」も登って鍛えた石段が壁の如くそびえる、空海独鈷杵有縁のお寺【36番札所「青龍寺(しょうりゅうじ)」】

36番札所「青龍寺」の縁起には、空海が唐で修行したことが深く関連しています。 170段の急な石段も有名ですが、大相撲の元横綱「朝青龍」とのご縁があり、いろいろなご縁を感じるお寺でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

海上安全祈願の「みねんじ」で本堂・大師堂御開帳に遭遇の幸運【32番札所「禅師峰寺(ぜんじぶじ)」】

地元では「みねんじ」の通称で親しまれる32番札所「禅師峰寺」は、昔から海上安全祈願のお寺とされてきました。 浦戸の海の景色に見とれていたら、実は本堂の御本尊と大師堂のお大師さまがともに御開帳の幸運に恵まれていたのです。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top