四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

山岳修行の霊地の岩山にひたすら圧倒され続ける【45番札所「岩屋寺(いわやじ)」】

スポンサーリンク   45番札所「岩屋寺」は、岩山全体を霊地とし、お大師さまの時代より山岳修行の場として、多くの修行僧の信仰を集めてきたお寺です。 岩山がそびえる中の数々の修行場にひたすら圧倒され続けました。
Continue Reading
遍路道

「大寳寺」裏山を通ったあとは峻険な修行道「八丁坂」を登る【44番札所「大寳寺」→45番札所「岩屋寺」】

44番札所「大寳寺」から45番札所「岩屋寺」に向かうルートは、久万高原の山あいを進む自然満喫ルート。山岳修行の「岩屋寺」には、峻険な修行道「八丁坂」を登って山の尾根をつたっていきます。   あなたにおすすめ &
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

華やかな久万高原中心街に突如現れる杉木立の荘厳な空間の古刹【44番札所「大寳寺(だいほうじ)」】

久万高原町のお店や観光拠点が立ち並ぶ中心街から、少し歩くと突如杉木立の荘厳な空間が現れます。そこが44番札所「大寳寺」で、古墳時代を起源とする古刹にふさわしい雰囲気を感じることができました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

山門が鳥居で神仏習合の歴史を色濃く残す「三間のお稲荷さん」【41番札所「龍光寺(りゅうこうじ)」】

宇和島市三間町にある41番札所「龍光寺」に到着して、第一印象で違和感を感じたのが「鳥居」をくぐってお寺に入ること。このお寺は、神仏習合の歴史を色濃く残し、「三間のお稲荷さん」として親しまれる穀倉地帯の守り神なのです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

災難を逃れた本尊・脇侍に熱烈な信者多数の四国霊場裏関所【40番札所「観自在寺(かんじざいじ)」】

伊予の國最初の40番札所「観自在寺」は、お大師さま彫像の本尊・脇侍が大きな災難を乗り越え、全国に熱烈な信者が多数いるお寺です。かつて天皇も行幸した由緒正しきお寺には、立派な建造物がたくさんありました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

土佐一宮「土佐神社」の「別当寺」としての混迷の歴史を学ぶ【30番札所「善楽寺(ぜんらくじ)」】

30番札所「善楽寺」は、土佐の國の総鎮守である土佐一宮「土佐神社」の別当寺の役割を果たしてきた重要なお寺。明治時代の神仏分離により廃寺となってからは苦難や混迷の時代を乗り越えて現代に至ります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四番目の「遍路ころがし」である「真っ縦」のあとは霊水でのどを潤す【27番札所「神峯寺(こうのみねじ)」】

高知県土佐の國で唯一の「遍路ころがし」は27番札所「神峯寺」への登り坂で「真っ縦(まったて)」と呼ばれています。汗だくになりながら登りきったあとには、霊水で有名な「神峯の水」でのどを潤しました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

海の安全を守る「楫取地蔵」の通称「津寺(つでら)」【25番札所「津照寺(しんしょうじ)」】

室戸市街の小高い丘の上に本堂のある25番札所「津照寺」は、昔から海の安全を守るお寺とされていました。御本尊の「地蔵菩薩」は、遭難した船の舵を取って室津に入港させたという伝説があり、「楫取地蔵」ともよばれています。
Continue Reading
遍路宿

創業150年余の老舗旅館はアットホームな合宿所のよう【室戸「太田旅館(おおたりょかん)」】

室戸市内での宿泊は、25番札所「津照寺」門前の創業150年余の老舗旅館「太田旅館」でした。アットホームな雰囲気で、さながら合宿所のようでしたが、がっつり食事もいただき、栄養補給・休養十分で翌日スタートできました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

通称「東寺(ひがしでら)」はまさかの山の上【24番札所「最御崎寺(ほつみさきじ)」】

ようやく24番札所「最御崎寺」に到着したと思ったら、お寺はまさかの山の上。海岸平地に慣れ、しかもアスファルトでダメージを受けた足で登るにはきつすぎでしたが、その分、山上から見下ろす岬は絶景でした。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top