四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路宿

土佐の最長札所間距離を支えるリピーター率の高い温泉宿【土佐佐賀温泉こぶしのさと(高知県黒潮町)】

スポンサーリンク   37番岩本寺から38番金剛福寺までの、移動距離およそ80キロを超える道中に、お遍路さんに評判の温泉宿があります。スタッフが爽やかな笑顔と心遣いで迎えてくれる「土佐佐賀温泉こぶしのさと」の紹
Continue Reading
遍路道

四国有数の遍路ころがし道中にある中務茂兵衛建立の大師像【愛南町柏坂】

四国遍路の長大遍路道の中で二番目に長い柏坂道中に、中務茂兵衛建立の標石、じゃなくて大師像があります。方角や距離等を示す従来の標石ではなく、大師像という点では初めて見たものでした。   あなたにおすすめ &nbs
Continue Reading
遍路道

四万十川渡し場分岐に残された中務茂兵衛標石【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】

高知県の第37番岩本寺から第38番金剛福寺への約90kmの道のりは、その札所間距離自体が難所といえるほど離れています。四万十川河口に近いこの地点は、かつて難所であったであろう「川渡し」を超えた先にある三叉路。中務茂兵衛標
Continue Reading
遍路道

有名河川の水を用いて行われる水力発電【佐賀発電所[黒潮町]】

四国八十八ヶ所・札所間最長距離である第37番から第38番へ向かう道の途中の橋。 橋の下には川が流れているのですが、この水は本来はこの場所に流れてくることのないある有名な河川の水なのです。
Continue Reading
遍路道

久礼の急坂を克服した跡を見ることが出来る駅【影野(かげの)駅[高知県四万十町]】

近代になって発達した交通機関にとっても高知県の久礼坂の克服は大きな課題となり、その時代時代の最新技術が用いられてきました。 影野駅には交通の要衝として機能していた名残を見ることができます。
Continue Reading
遍路道

ハゼを原料に木蝋と和紙の生産で財をなした重要伝統的建造物群保存地区【内子町八日市護国】

愛媛県内子町は、江戸時代にハゼの木・実を原料にした木蝋と和紙の生産で財をなし、当時の豪華な商家や民家が残る「八日市護国地区」があり、重要伝統的建造物保存地区に指定されています。遍路道中のしばしの観光を楽しめる地域です。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top