四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

善通寺市街への入口に立つ中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

スポンサーリンク   お大師さまの故郷である善通寺の街への入口に中務茂兵衛標石が残されています。場所柄か、かつて四国に上陸する人々で賑わった周辺の港町の情報が記載されています。
Continue Reading
遍路道

極小の標石。僅かな手掛かりから記載内容を紐解く【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

第71番弥谷寺を出て鳥坂峠を越えて国道11号と合流。こちら「三井の江」交差点の三叉路を曲がると善通寺市に点在する札所群が始まります。その交差点脇に隠されるように小さな中務茂兵衛標石が顔を出しています。   あな
Continue Reading
遍路道

水上ゴルフ練習場の角に傾いて立つ標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

中務茂兵衛標石の密集地帯の一つ・善通寺市。順打ちではその入口となる場所にあったであろう標石が、少し辺鄙な場所に残されています。
Continue Reading
遍路道

繊維産業の街の寄進者らによる中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

讃岐の遍路ころがしの一つである第71番弥谷寺から下山して、里に出て来た地点。細い路地の路傍に高地蔵と共に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四国霊場最古の札所にあった松の大木【72番札所「曼荼羅寺(まんだらじ)」】

第72番札所曼荼羅寺。四国八十八ヶ所の中で最も古い推古4年(596)創建と伝わる札所には、かつて「笠松」と呼ばれた名物松があり、巡礼者たちに親しまれていました。
Continue Reading
遍路道

芋泥棒と間違われた西行法師の歌碑が残された番外霊場【七仏寺(しちぶつじ)】

お大師さまが生まれた善通寺周辺は、札所が密集しているだけでなく、遍路道沿いに大師ゆかりの霊蹟が多数存在します。 西行法師の歌碑が残る「七仏寺」もそのひとつです。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県三豊市・善通寺市・多度津町エリア[72番札所「曼荼羅寺」・73番札所「出釈迦寺」]】

香川県西部から中部の三豊市・善通寺市・多度津町には、70番から77番札所が狭いエリアに集中していて、地形的には起伏が少ないので、一気に札所巡りが進みます。 レイライン的にみると、巡礼の仕上げに相応しい構造が見えてきます。
Continue Reading
遍路B級グルメ

鳥坂峠の「鳥坂まんじゅう」と「甘酒まんじゅう」の謎【香川県三豊市ー善通寺市】

71番札所「弥谷寺」から72番札所「曼陀羅寺」に向かう途中の「鳥坂峠」に2軒の有名なまんじゅう屋があります。 江戸時代から続くまんじゅう屋はお遍路さんにも人気なのですが、2軒の関係性には謎があったのです。
Continue Reading
遍路豆知識

平成28年は閏年。今年もどうぞよろしくお願いします。【「逆打ち」と「日本遺産認定記念散華」】

年が明けて10日経ってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。 今年も四国八十八ヶ所の有用な情報を発信していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四国霊場最古といわれる歴史のお寺の「不老松」と「笠松大師」【72番札所「曼荼羅寺(まんだらじ)」】

72番札所「曼荼羅寺」は、四国霊場の中ではもっとも古い推古4年(596年)創建といわれる歴史のあるお寺です。 お大師さまお手植えとされる「不老松」の在りし日の姿を「笠松大師」に重ね、参拝してください。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top