四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

奈良時代には広大な寺域をほこったお寺の痕跡は国の特別史跡【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

スポンサーリンク   四国霊場各県にある「国分寺」の最後を飾るのは讃岐國の80番札所「国分寺」です。 奈良時代に広大な寺域をほこったお寺にはその痕跡が状態よく遺っており、国の特別史跡に指定されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

舗装路急坂を登り切った先にはお大師さま「降伏の秘法」の伊予國最後の札所【65番札所「三角寺(さんかくじ)」】

伊予國最後の65番札所「三角寺」は平石山の中腹の標高430m地点にあり、舗装路急坂を登る難所寺です。 お大師さまが三角の護摩壇を築き「降伏の秘法」を施したとされるお寺です。   あなたにおすすめ  
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまが川の氾濫をおさめ創建したお寺の「不忘の松」と「仁王像」はいずこに【56番札所「泰山寺(たいさんじ)」】

56番札所「泰山寺」は、お大師さまが川の氾濫をおさめ創建したといわれているお寺です。 お寺の見どころの、創建時にお大師さまお手植えの「不忘の松」と、珍しい場所に安置されている仁王像を見つけることができるでしょうか。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

本堂改修で仮安置中の「火伏せ不動尊」のかたわらに「お遍路バリィさん」【54番札所「延命寺(えんめいじ)」】

今治市最初の54番札所「延命寺」では、本堂改修中で御本尊「火伏せ不動尊」が仮安置されているお堂に珍しい参拝をしました。 そのかたわらでは、今治市の有名ご当地キャラ「バリィさん」がお遍路をしているというレアアイテム発見です
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四国遍路の元祖「衛門三郎」再来伝説のお寺はミシュラン1つ星の文化財の宝庫【51番札所「石手寺(いしてじ)」】

51番札所「石手寺」の寺名は、四国遍路の元祖「衛門三郎」の再来伝説に由来しています。 境内には多くの建造物や仏像がある文化財の宝庫で、観光ガイド「ミシュラン」の1つ星にもなっているほどです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまが牛の背に乗って進んだ先には唐から投げた宝珠【42番札所「仏木寺(ぶつもくじ)」】

42番札所「仏木寺」は、空海が老人がひく牛の背に乗って進んだ先に、唐から投げた宝珠を見つけたことからこの地に開創されたお寺で、牛の縁から「家畜の安全祈願」や「動物供養」に信仰が広がっています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四番目の「遍路ころがし」である「真っ縦」のあとは霊水でのどを潤す【27番札所「神峯寺(こうのみねじ)」】

高知県土佐の國で唯一の「遍路ころがし」は27番札所「神峯寺」への登り坂で「真っ縦(まったて)」と呼ばれています。汗だくになりながら登りきったあとには、霊水で有名な「神峯の水」でのどを潤しました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

海の安全を守る「楫取地蔵」の通称「津寺(つでら)」【25番札所「津照寺(しんしょうじ)」】

室戸市街の小高い丘の上に本堂のある25番札所「津照寺」は、昔から海の安全を守るお寺とされていました。御本尊の「地蔵菩薩」は、遭難した船の舵を取って室津に入港させたという伝説があり、「楫取地蔵」ともよばれています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

通称「東寺(ひがしでら)」はまさかの山の上【24番札所「最御崎寺(ほつみさきじ)」】

ようやく24番札所「最御崎寺」に到着したと思ったら、お寺はまさかの山の上。海岸平地に慣れ、しかもアスファルトでダメージを受けた足で登るにはきつすぎでしたが、その分、山上から見下ろす岬は絶景でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「黒髪お京肉付鐘の緒伝説」が残る阿波の関所【19番札所「立江寺(たつえじ)」】

19番札所「立江寺」は、各県に一カ所ずつある「関所寺」のひとつで、阿波の関所です。「黒髪お京肉付鐘の緒伝説」が残るお京塚(遍路小屋「京塚庵」)で、関所通過を祈願しましょう。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top