四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国別格二十霊場

神仏習合の影響を色濃く残す金毘羅大権現のこんぴら奥の院【別格15番札所「箸蔵寺(はしくらじ)」】

スポンサーリンク   別格15番札所「箸蔵寺」は、香川県琴平町の有名な神社「こんぴらさん」と所縁の深いお寺で、「こんぴら奥の院」として知られています。 山の山頂付近にある山岳霊場は神仏習合の影響を色濃く残してい
Continue Reading
四国別格二十霊場

別格霊場最高峰の山岳信仰の聖地は四国八十八ヶ所総奥之院【別格20番札所「大瀧寺(おおたきじ)」】

別格20番札所「大瀧寺」は、標高946mの「大滝山」の頂上付近にあり、古くから山岳信仰の聖地とされてきました。 別格20霊場の結願所であり、四国八十八ヶ所総奥之院ともされ、四国遍路の締めくくりとしてふさわしい山岳霊場です
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

源平合戦の舞台には四国の狸の総大将「太三郎狸」あり【84番札所「屋島寺(やしまじ)」】

台形の山「屋島」の山頂付近にある84番札所「屋島寺」は、源平合戦の舞台にもなったことで有名なお寺です。 四国の狸の総大将「太三郎狸」の数々の伝説とともに「蓑山大明神」も参拝してください。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

讃岐一宮の「別当寺」には「地獄の釜」の伝説あり【83番札所「一宮寺(いちのみやじ)」】

83番札所「一宮寺」は、讃岐國の「一宮」の「別当寺」でしたが、他の3県の一宮別当寺とは少し違う歴史を持ちます。 お大師さまが戒めのためにつくったといわれる「地獄の釜」も要チェックです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「崇徳上皇」慰霊のための「勅額」と「石造十三重塔」は重要文化財【81番札所「白峯寺(しろみねじ)」】

81番札所「白峯寺」は、讃岐に配流になった「崇徳上皇」の陵墓が築かれた地にあるお寺です。 上皇の慰霊のためのものが多く残っており、「勅額」と「石造十三重塔」は国の重要文化財に指定されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

奈良時代には広大な寺域をほこったお寺の痕跡は国の特別史跡【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

四国霊場各県にある「国分寺」の最後を飾るのは讃岐國の80番札所「国分寺」です。 奈良時代に広大な寺域をほこったお寺にはその痕跡が状態よく遺っており、国の特別史跡に指定されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

伝説の「八十場の霊水」湧出地の「崇徳上皇」ゆかりのお寺【79番札所「天皇寺(てんのうじ)」】

79番札所「天皇寺」を知るうえで、「八十場の霊水」と「崇徳上皇」のエピソードを外すことはできません。 「怨霊」の伝説もありますが、現在はお遍路さんを守ってくれる神様になっているはずです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまが幼少期に断崖絶壁から身を投じた伝説の「捨身ヶ嶽禅定」【73番札所「出釈迦寺(しゅっしゃかじ)」】

73番札所「出釈迦寺」には、お大師さまが幼少期に、多くの人を救いたいとの想いで断崖絶壁から身を投じた伝説が残っています。 「我拝師山」の「捨身ヶ嶽禅定」をのぞみ、お大師さまの修行の様子をしのびます。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

讃岐の関所寺は「五百羅漢」「おたのみなす」「大師乳銀杏」に「スノーパーク」まで見どころ満載【66番札所「雲辺寺(うんぺんじ)」】

讃岐國最初の66番札所「雲辺寺」は、四国霊場最高峰にして関所寺でもあります。 雲辺寺山の山頂には、「五百羅漢」「おたのみなす」「大師乳銀杏」「スノーパーク」といろいろな見どころがありました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お寺のイメージをくつがえされる「子安の大師さん」【61番札所「香園寺(こうおんじ)」】

61番札所「香園寺」は飛鳥時代に聖徳太子が創建したとされている古刹で、大正時代に和尚が始めた「子安講」が有名なお寺です。 この古い歴史とは裏腹なお寺の姿に度肝を抜かれ、お寺のイメージをくつがえされました。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top