四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×レイライン

讃岐の基準ラインの中核【袋山(香川県高松市)】

スポンサーリンク   西の善通寺から東の屋島北嶺までを結ぶ、讃岐のレイラインの大動脈の中核に位置する聖山である袋山をピックアップします。袋山の位置を詳細にみていくと、重要な聖山の一つであることが理解できます。
Continue Reading
遍路×レイライン

東讃に見られる二至と聖山との関係【甑神社・男山神社(香川県さぬき市)】

香川県東部では岩盤が侵食されたメサやビュートと呼ばれる特徴的な山が数多くあるため、大小様々な規模の二至のレイラインが見られます。そんなレイラインの中で中規模ともいえるラインを紹介します。   あなたにおすすめ
Continue Reading
遍路×レイライン

二至と北を意識した讃王の聖地【讃留霊王神社(香川県丸亀市)】

讃王は、日本書紀では日本武尊の子の武殻王であると記されています。日本武尊が祀られた聖地は、関東以北では、太陽との関わり、とくに二至を指すケースが多いのですが、この讃王を祀った聖地にも同様の傾向が見られます。
Continue Reading
遍路×レイライン

水神と磐座そして太陽を祀る讃岐二之宮【大水上神社[香川県三豊市]】

讃岐二之宮である香川県三豊市の大水上神社は、水神と巨石信仰・太陽信仰の痕跡が複合的に残る珍しい聖地の一つです。西讃にみられる二至を結ぶレイラインとも深い関係をもっています。
Continue Reading
遍路×レイライン

二至を意識したこんぴらさんとその周辺の聖地【野田院古墳(香川県善通寺市)】

こんぴらさんがある象頭山とつながる大麻山にも二至を明確に意識した聖地が存在します。複数の聖地や周辺地形とのつながりに着目すると、古代の祭祀遺跡の痕跡が浮かび上がります。
Continue Reading
遍路×レイライン

二至を意識したこんぴらさんとその周辺の聖地【金刀比羅宮(香川県琴平町)】

全国にも名が知れた香川県琴平町の「こんぴらさん」は、神社のもちろん、街全体が夏至の日の出と冬至の日の入のレイラインを意識した構造になっています。その構造から、古代の信仰の形や、周辺の聖地とのつながりがみえてきます。
Continue Reading
遍路×レイライン

讃岐国高松藩初代藩主・松平頼重と結界【霊芝寺(香川県さぬき市)】

讃岐国高松藩の二つの菩提寺のうちのひとつ「霊芝寺」は、高松藩二代藩主と九代藩主が儒教形式で葬られている寺院です。高松城とレイラインでつながる位置関係から、一族の繁栄を願ったおもいがみえてきます。
Continue Reading
遍路×レイライン

讃岐国高松藩初代藩主・松平頼重と結界【仏生山法然寺(香川県高松市)】

水戸徳川家からに入封した讃岐国高松藩初代藩主「松平頼重」は、寺社整備や伝統工芸の奨励などを文化育成の主軸とし、現代の高松の礎となっています。菩提寺「仏生山法然寺」は、浄土信仰と太陽信仰の構造を明確に表しています。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県さぬき市エリア[88番札所「大窪寺」]】

四国八十八ヶ所霊場結願所の88番札所大窪寺は、かつての山岳霊場の痕跡を色濃く残す寺院です。二至を結ぶラインは、寺院配置のみならず、1番札所に戻るルートも指し示します。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県さぬき市エリア[87番札所「長尾寺」]】

87番札所長尾寺は、源平合戦とエピソードと関連が深いお寺です。平野に位置するお寺からみえる山々や、周辺にたくさんある史跡に目を向けると、他地域との歴史的なつながりもみえてきます。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top