四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×レイライン

四国霊場の龍燈伝説【大瀧寺・御厨人窟・仙遊寺・神峯寺・取星寺】

スポンサーリンク   前回の記事で、讃岐に残る龍燈伝説についてご紹介しましたが、調査を進めていくと、四国霊場の複数の聖地でも龍燈にまつわる話が残っていることがわかりました。 神秘的な光が四国の信仰や文化と密接に
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

その音は亡くなった人に届く… 鐘石【24番札所「最御崎寺(ほつみさきじ)」】

四国八十八ヶ所・第24番最御崎寺。 土佐國で初めての札所ですが、一つ前の札所である第23番薬王寺からの距離約80kmは、札所間距離第二位の長丁場。歩き遍路で訪れるとお寺に到着した時にこちらの山門をくぐることになります。
Continue Reading
遍路×レイライン

71番札所「弥谷寺」と73番札所「出釈迦寺」を結ぶ空海幼少期の足跡を示すレイライン

71番札所「弥谷寺」と73番札所「出釈迦寺」は冬至のレイラインで結ぶことができます。空海の幼少期の足跡を示す重要なレイラインといえるでしょう。
Continue Reading
遍路×レイライン

「浦島太郎」「弘法大師ゆかりの妙見宮」「磐長姫」からみる荘内半島の不老不死伝説

香川県三豊市の荘内半島は、生と死を強く意識させる聖地であり、それを象徴する不老不死に関連する史跡が現代にも多数残されています。レイラインと死生観が強く結びついた稀な地域でもあります。
Continue Reading
遍路道

悪路急坂の先には「砂防ダム」とお大師さま修行の「虚空蔵寺」【71番札所「弥谷寺」→別格18番札所「海岸寺」[後編]】

71番札所「弥谷寺」から別格18番札所「海岸寺」への遍路道後半は、悪路急下り坂との闘い。 うっそうとした森林に潜む「砂防ダム」を抜けた先には、お大師さまが修行した「虚空蔵寺」がひっそり佇んでいました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまが幼少期に断崖絶壁から身を投じた伝説の「捨身ヶ嶽禅定」【73番札所「出釈迦寺(しゅっしゃかじ)」】

73番札所「出釈迦寺」には、お大師さまが幼少期に、多くの人を救いたいとの想いで断崖絶壁から身を投じた伝説が残っています。 「我拝師山」の「捨身ヶ嶽禅定」をのぞみ、お大師さまの修行の様子をしのびます。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

通称「東寺(ひがしでら)」はまさかの山の上【24番札所「最御崎寺(ほつみさきじ)」】

ようやく24番札所「最御崎寺」に到着したと思ったら、お寺はまさかの山の上。海岸平地に慣れ、しかもアスファルトでダメージを受けた足で登るにはきつすぎでしたが、その分、山上から見下ろす岬は絶景でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「西の高野」で「大龍」を拝む、お大師さま修行の古刹【21番札所「太龍寺(たいりゅうじ)」】

三番目の「遍路ころがし」を乗り越えて、たどり着く21番札所「太龍寺」は「西の高野」とも呼ばれる古刹です。お大師さまが厳しい修行をしたお寺で、修行中にお大師さまを守護した「大龍」を拝みましょう。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「遍路ころがし」制覇後も油断するなかれの「十三仏」【12番札所「焼山寺(しょうさんじ)」】

最初にして最大の難所の「遍路ころがし」をやっとのことで登りきり、12番札所「焼山寺」に到着! と思ったら、行けども行けどもお寺にたどり着かない…でも焦らず「十三仏」を楽しみましょう。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top