四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

眼洗いの清水と亀が持ち帰った銅鐘【39番札所「延光寺(えんこうじ)」】

修行の道場と呼ばれる高知県16ヶ寺最後の札所、第39番延光寺。 本尊である薬師如来は “目治し薬師” と呼ばれ信仰を集めています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

キリシタンをあたたかく見守った「和気の円明さん」【53番札所「円明寺(えんみょうじ)」】

伊予和気の住宅街にとけこんでいる53番札所「円明寺」は、「和気の円明さん」と呼ばれて地域の人々に親しまれています。 江戸時代には隠れキリシタンをあたたかく見守ったともいわれ、おおらかな雰囲気のお寺でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「一夜建立伝説」の国宝「本堂」は納経所のはるか先【52番札所「太山寺(たいさんじ)」】

52番札所「太山寺」は、納経所を見つけたと思っても、さらに民家がある舗装路を進み、なかなか「本堂」が見当たりません。 ようやくたどり着いた「本堂」は、「一夜建立伝説」が残る「国宝」に指定されていてる壮大なスケールでした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

赤亀さんが竜宮城から梵鐘を背負って帰ってきた土佐の國最後の札所【39番札所「延光寺(えんこうじ)」】

土佐の國最後の39番札所「延光寺」は、赤亀さんが竜宮城から梵鐘を背負って帰ってきた伝説が残るお寺です。 お寺にたくさんいる亀さんをしっかり拝んで、「修行の道場」を締めくくります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

本堂は5仏御本尊と天井画、大師堂の矢負地蔵は開創1200年御開帳【37番札所「岩本寺(いわもとじ)」】

37番札所「岩本寺」は、四国霊場で唯一5仏御本尊と、本堂の多種多様な天井画で有名なお寺です。 約200年前に建造された大師堂は奥の院も兼ねており、普段は大師堂内安置の「矢負地蔵」が開創1200年記念特別御開帳中でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「よさこい節」の舞台で文殊の知恵は授かれたのだろうか【31番札所「竹林寺(ちくりんじ)」】

高知県の有名な民謡「よさこい節」の舞台は31番札所「竹林寺」なのです。 四国霊場で御本尊が唯一「文殊菩薩」のお寺で、遍路路に必要な知恵を授かりたいものです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

紀貫之も滞在した土佐の国府でお大師さまとご縁を結ぶ【29番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

奈良時代に聖武天皇の勅願で創建された「国分寺」の周辺は、中世まで土佐の國の中心「国府」でした。 「土佐日記」で有名な「紀貫之」も滞在したことのある地で、開創1200年記念で特別にお大師さまと御手綱でご縁を結びました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまが爪で彫ったとされる「爪彫薬師」を拝みに「奥の院」へ【28番札所「大日寺(だいにちじ)」】

28番札所「大日寺」には、お大師さまが爪で彫ったとされる「爪彫薬師」が「奥の院」になっています。 「本堂」からの距離が近く、お大師さまの「御加持水」もわいていますので、立ち寄りをオススメします。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top