四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

スポーツ偉人アピール好きの「海陽町」の「宍喰温泉」でひと休み【「道の駅 宍喰温泉」「ホテルリビエラししくい」】

スポンサーリンク   室戸岬への長距離歩行2日目は、徳島県最後のまち「海陽町」に注目です。このまちはスポーツの偉人を多く輩出していて、それをアピールするのがお好きなようです。 ぴりっつるっの「宍喰温泉」でひと休
Continue Reading
遍路道

お遍路さんにやさしい「グリーンライン」のある国道55号を進む【23番札所「薬王寺」→別格4番「鯖大師」】

23番札所「薬王寺」を出発してからは、果てしなく先の室戸岬を目指して、海沿いの国道55線をひたすら南下します。歩道未整備区間がありますが、お遍路さんのための「グリーンライン」に守られ、一歩一歩進んでいきます。  
Continue Reading
遍路道

海岸ルートで「大浜海岸」「厄除橋」から「薬王寺」を眺める【22番札所「平等寺」→23番札所「薬王寺」】

22番札所「平等寺」から23番札所「薬王寺」へは、国道旧55号の峠越えと、県道25号の海岸道の2ルートがありますが、私は海岸ルートを選択し、「大浜海岸」と「厄除橋」からの薬王寺の眺めを楽しみながら進みました。
Continue Reading
遍路道

三番目の「遍路ころがし」は川の風景が美しい良道…が…お寺直前で試練【21番札所「太龍寺」への遍路ころがし】

21番札所「太龍寺」への登山道は、三番目の「遍路ころがし」といわれる難所です。道のりの大部分が川沿いの風景が美しく、気持ちよく楽しめる道ですが、お寺直前で試練が待っていました。
Continue Reading
遍路道

二番目の「遍路ころがし」裏道編【20番札所「鶴林寺」への遍路ころがし】

20番札所「鶴林寺」へは、二番目の「遍路ころがし」とされる登山の難所です。先達に教えていただいた裏道は、なかなかエキサイティングな遍路道でした。
Continue Reading
遍路道

神山町の乙ルートは「いやし・もてなし神山街道」【12番札所「焼山寺」→13番札所「大日寺」】

12番札所「焼山寺」から13番札所「大日寺」へは、遍路ころがしの疲れを癒す神山温泉経由の乙ルートがオススメです。しだれ桜が並ぶ「いやし・もてなし神山街道」にいやされ、もてなされ、ゆっくり進みましょう。
Continue Reading
遍路道

「焼山寺」からの下りでは、四国遍路の元祖「衛門三郎」を偲ぶ【杖杉庵(じょうしんあん)】

12番札所「焼山寺」から下り始めて2km弱で、四国遍路の元祖といわれている「衛門三郎」ゆかりの「杖杉庵」に到着します。四国遍路の起源とされる伝説を知り、長い道のりを歩く意味を考えさせらる場所なので、ぜひお立ち寄りを。
Continue Reading
遍路道

お大師さまのお出迎えが感動的な「浄蓮庵」からの下り登りが勝負【「焼山寺」への遍路ころがし】

最初にして最大の難所といわれるのが、12番札所「焼山寺」への「遍路ころがし」です。11番札所「藤井寺」の山道入口から、8kmほど進んだ「浄蓮庵」でお大師さまに元気をもらってからの下り登りが勝負です。
Continue Reading
遍路道

吉野川の日本最大級川中島「善入寺島」を渡る【10番札所「切幡寺」→11番札所「藤井寺」】

10番札所「切幡寺」の石段・坂道を下ってからは、11番札所「藤井寺」まで少し遠い10km弱の道のりです。 道中には、川の中の中洲を通過する珍しい遍路道で、日本三大暴れ川のひとつ「四国三郎」と呼ばれる「吉野川」を渡ります。
Continue Reading
遍路道

大きい荷物を預かってもらって、いざ切幡寺の坂道・333石階段【切幡寺手前「須見光栄堂」】

10番札所「切幡寺」は、切幡山中腹の標高155mに一気に登る坂道と333段の石階段が有名です。 登り道入口の参道には、数件のお店が並んでいて、そこで大きな荷物を預かっていただけるありがたいお接待を受けられるのです。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top